布団の情報

布団は友達

人は布団との付き合いは、赤ちゃんのときからだから、その長さは相当なものだ。布団が良き友達になるには、当然にふわ〜として、良質な布団で間違いなく丈夫なのが良い友人になる。あなたの良き友人である布団は、あなたをスヤスヤと快適な眠りに誘うが、長い人生では寝苦しいときもあろう。生涯の友人の布団は、どんなときであなたを優しく包んでくれている。布団の中で今が一番に苦しいと考えれば、そのときは困難の底にあるときだろう。布団は生涯の友達だから、きっとその困難の底から引き揚げて水面から青空がのぞけるようにしてくれる。生涯の友達だからいいとき、しんどいときがあろうから息長く付き合っていこう。ときにはお互いが忠告し合い、欠点は直していかねばならない。

布団との相性

布団とは仲良しにならなければならない。何しろ人生の中で布団との付き合いの期間が長い。まあ、布団のその存在は、夫婦の関係とよく似てるところがあり、理屈を超えたものがありそうだ。夫婦の場合、これは気に入らない、あれは嫌いだと相手に文句ばっかり言っては夫婦の間は冷めてしまうだろう。布団との関係もそのようなことで、布団へも少し大きな視点で見つめるほうが、布団との関係が、ふわ〜としっかりと良くなるだろう。何でもそうだが使っていくうちに物の癖がわかってきて使いやすくなり、そして物が自分に馴染んでくる。使いやすくなり物への愛着が出て、人は大事に使おうと物を大切にするようになる。そうこうしていると物にも生命が宿っているように感じてくる。だから布団を選ぶときには、少々値段がはったとしても品質が良ければ、購入した後、長い付き合いになるものだと思ってしっかりと品質の優れた物を選びたいと思う。そうすると購入された布団はあなたを裏切らないで、あなたのために頑張るだろう。

羽毛布団がつなぐ

羽毛布団はソフトで、暖かくて人を気持ち良く、寒さから守ってくれる。このような大切な羽毛布団を、ふわふわ感をなくさないように気を付けて、押入れから出しては敷いて、また、朝の起床のあとたたんで押入れに入れる。これは毎日のことだから、夫婦は、協力して押入れの出し入れした方がいいいし、家族が力を合わせながらするとなお、良いだろう。布団さんも、うん、この家族は仲良しだな、うん自分を大事にしてくれているな〜とわかるだろう。長年にわたり夫婦をしていても遠慮がある場合がある。布団の上げ下ろしを手伝ってほしいなぁと思っても、連れ合いに声をかけられない場合があるだろう。そのような気配がしたら率先して手伝ってみよう。冬布団の場合は、嵩だかくて布団の枚数が多いので押し入れに入れたり、出したりは大変だ。布団は夫婦をもつなぐ。ふたりでたたんでいこう。そうすれば一人でするより早く済ませて、お互いが楽になるだろう。

布団と寝つき

布団は睡眠の誘導材として活躍して欲しい人は多いだろうね。とういうのも寝床に入ってもスーと眠れない人がものすごく多いらしい。現代社会は大変に複雑になり神経が高ぶっている人が多いことはよく聞くよ。だから寝具の布団はできるだけ、そういう人のための睡眠のお手伝いをして欲しいわけだ。眠れないときは寝床で羊一匹、2匹と数えると眠くなるから数えたらいいと教えてもらったので、実際にしたがあまり効き目はなかったようだね。やさしくふわーとした布団は神経にもやさしいからきっとお役に立つと思う。睡眠の話をすると政界や財界、芸術界での活躍している有名人には、不眠症を抱えている人が多いから、この解消が大変なのだ。ひとつは睡眠導入剤とかの薬を使うとかしているらしいが、これもどうもね。やはり寝具の改良で、もっと自分に合った布団を選んで自然な形で眠る方法を見つけて欲しいね。きっと睡眠に適した布団が見つかると思うよ。それと、睡眠には枕の研究も必要だね。自分の頭を置いて具合がいいか、試すのも大事だね。

おすすめサイト

ダブルサイズの寝具や布団の専門店…布団 ダブル

 

来客用の布団専門店…来客用布団

 

夏はやっぱりクールにすごしたい…涼しい寝具

 

布団の大型専門店…布団 通販